鈴 真由のワンコと歩む時間 トップ最新記事へ

ワンコと過ごす鈴 真由のつれづれなる毎日の足跡です。完全私的なお気楽よもやまダイアリー。
<< 写真と絵 | main | 星が飛ぶ日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
上野最後の日展
上野で友だちと待ち合わせて、日展に行く。
秋の公募展の季節には、最近、友だちと一緒に絵を見にいきだした。
おたがい、10年ぶりくらいで。



上野のお山は、今日も、すごい人出で。。
ちょっと、紅葉もはじまっていた?
都会の真ん中の紅葉だ。



こんな場所だから、真っ赤には、ならないだろう。。

「もみじじゃないね。かえでかな?」
なんていいながら、都美館へ行く。
東京都美術館は、今、「大エルミタージュ展」で、すごい人だった。
週末だったし。。
今日は。

日展も、結構な人だった。
でも、秋は作品もでかいし、出品数も多いから、1部門みるだけで、結構、大変。
知り合いや恩師の作品をみては、みなさんの活躍を喜んで、なつかしむ。
ほんと、時代はかわっても、絵画は、変わらない世界だ。

ず〜〜〜っと、上野で開催されてきた日展だが、来年から、六本木にあたらしくできる美術館に場所替えをするらしく、上野開催はこれが、最後である。
日展側も一つの節目として、新しく何かを改革していこう!というのかもしれない。
新しいのも楽しみだけど、毎年の定例が時代とともに変わっていくのは、ちと、さびしい。。

日展をみ終わって、ちょっと、お茶でもしていこうか?
と外にでたら・・。
エントランスに人だかりができている。

海外だとよくある、人間銅像のパフォーマンスだ。



「サラリーマン」という題材のパフォーマンスは、ゆっくりとスタイルを変えていく。
おもしろい!
お給料箱とかかれた、お賽銭箱にお金が投げ込まれると。。。
また、アクションが。。。

「この人、どこから、この白塗りで現れたのかね?」

としばらく笑いながらみていた。
イタリアの観光地では、よく見かけたけど、東京都のマークをつけていたから、美術館公認のパフォーマーだろうけど。
なんか、おもしろかった。

そして、また、ことしも、同窓の友と秋の公募を見にいけた事が、うれしいことでもある。

「おばあちゃんになっても一緒に行こうね〜。だから、元気でいてよ!」

と言い合いながら、会うには、まだ、若い??かな??
| おともだち | 23:29 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 23:29 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rin-shinyu.jugem.jp/trackback/845
トラックバック
【日展】
日展日展(にってん)は、日本を代表する美術展覧会の1つ。名称は、「日本美術展覧会」の略であり、またその展覧会を運営する団体の名。官主導の美術展覧会、すなわち「官展」の系譜を引き継いでおり、公募展の中では最高の権威ではあるが、美術界ではその保守的な態度
| 美術をきわめる | 2007/03/02 4:30 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

1丁目のシャロンのおうち

1丁目のシャロンのおうち

殺処分とは?1

殺処分とは?2

↑飼い主のいないワンたちの最後です。 現実をみつめてください。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE